お菓子作りに必要な技術は製菓専門学校で学べる
ロゴ

professional school NAVI

目的に合った学校へ通うことが重要~製菓専門学校選びのコツを知ろう~

女性が一度は憧れる職業

女の子のなりたい職業ランキング上位に必ず入ってくるのがケーキ屋さんです。ケーキやクッキーを作るのが好きな女性も多く、パティシエと言えば女性に大変人気のある職業です。しかしプライベートでお菓子を作るのとは異なり、それを職業にするには当然のごとく努力が必要です。

製菓専門学校を選ぶ時に気をつけるポイント

未来に経験がモノを言う

パティシエになるのに必ずしも学校に行く必要はありませんが、製菓専門学校に通う方がメリットが大きいと言えます。一番大きなポイントは経験が積めることです。オリジナルの作品を作るにはまずベースとなる知識が必要です。偏ることなく知識を得ることは遠回りかもしれませんが今後に大きく響いてきます。

自分の希望する方向を考える

自分が作りたいものを考えることも重要です。和菓子が学びたいのにフランス菓子ばかりしか作らないところでは十分に勉強することができません。古いお菓子はその土地の文化・風土を組んでいることが多く、レシピや材料以外のところにも奥深さがあります。知識は決して無駄ではありませんが自分の作りたいもののことが十分に学べるところを選びましょう。

先へ進めるルートのコネがあるか

どこかのお店でパティシエとして働くなら学校推薦のルートを狙うのも手です。憧れているお店があるならそのお店に推薦してもらえるかを確認しましょう。先生のつながりや学校同士の交流などで少なからず門戸は開かれています。自分一人で訪ねるよりは圧倒提起に成功率が高いので推薦してもらえるなら使わないともったいないです。

きっちり通うことができるか

製菓に限りませんが学校はきちんと通うことが前提です。せっかく通うならばしっかりと受講しましょう。有名な学校や希望通りの学校があるのに遠い実家から通いたいでは挫折する可能性が高くなります。学校に合わせて引っ越す、実家から通えるところを探すなど現実味のある点で考えることも重要です。

お菓子作りに必要な技術は製菓専門学校で学べる

お菓子

プロになるために必要な勉強とは

プロになるときはオリジナルの商品を求められます。定番のケーキであっても自分なりの工夫が必要です。一つ二つは思い付きのアイデアで作れてもその先を続けることができなければ同じです。自分のオリジナルを作るための勉強がプロには必要です。そのためにも一通りの材料を知り、製法を学ぶ必要があります。味の壁にぶつかったとき、食感が思い通りにならないときなど困ったときほどそういう学習が活きてきます。

専門学校へ入学するための手続き方法

いざ入学するときの手続きは各校で異なるため、気になる学校の資料請求をしてみましょう。お菓子作りや料理の経験は全く求めれない小論文や面接であれば情熱と展望さえあればいつでも受けることができます。少し自信があればオリジナルレシピを考案する試験などAO入試に近いものを狙ってみると合格率があげられるでしょう。試験に受かった後の入学方法は大学や他の専門学校と変わりません。所定の書類を提出し、既定の金額を締め切りまでに収めるだけです。

いい製菓専門学校を見つけるためコツ

何よりも自分に合った製菓専門学校を選びましょう。将来の到達点はもちろん、学習方法に対しても希望があるはずです。素材のことを一から学びたい人や、それぞれのお菓子の歴史を学問として学びたい人もいます。最後はお菓子を作ることが目的ですがアプローチ方法はいくらでもあります。カリキュラムと学びたいお菓子のジャンルが一致すればそこは素敵な専門学校と言えるでしょう。

専門学校選びは見極めが重要

短くとも1年、長ければ2,3年通うのが専門学校です。どうしても合わない場合はやり直しがききますが極力ロスタイムを避けるなら慎重に選びましょう。これからプロになるにあたり、自分が何に重きを置くかが決まっていれば自ずと学校に求めるものも決まっていくはずです。