資格の勉強は専門学校で学ぼう【バリスタになるための秘訣】
ロゴ

professional school NAVI

専門学校のサポートでプロのバリスタになろう!資格取得を目指す

バリスタの仕事内容とは?

バリスタはコーヒーやエスプレッソを入れるだけの人というイメージが強いですが実は接客のプロです。身に着けたコーヒーの知識を駆使してその日来店いただいたお客様に最高の一杯と至福のひと時を提供することこそバリスタの仕事内容と言えます。

素人が淹れたコーヒーとプロのバリスタが淹れたコーヒーの違い

おいしいコーヒーに空気感をプラスする

バリスタの入れるコーヒーはその日のお客様にぴったりあったものです。単に質のいいコーヒー豆をおいしく淹れるだけではありません。たとえ同じコーヒーであったとしても自分のコンディションにあっていればより一層深い味わいを得ることができます。この空気感を含めた味わいを作れるのはプロのバリスタだからこそです。

同じ質のものを提供し続ける

プロとして提供するコーヒーがその日の感覚でいまいちなものになってはプロ失格です。豆の良しあしはあれど同じ品質のコーヒーを何倍も入れ続ける必要があります。目分量や感覚で賄えない部分は数値に基づいた分析が必要になります。その研究を怠らず、いつでも同じものが飲めるのがプロのコーヒーです。

資格の勉強は専門学校で学ぼう【バリスタになるための秘訣】

ウーマン

バリスタになるための方法

バリスタになるのに医者や弁護士のような国家資格は必要ありません。自分でバリスタを名乗ってしまえばそのときからバリスタです。しかし一般には有名なカフェで修業を積んだり、専門学校に通ったりして知識を得ているケースが多いです。膨大な知識を得ることや接客の基本を押さえることは独学ではなかなか難しいポイントのため、ここを強化する必要があります。

バリスタに必要な資格

バリスタを名乗るための資格は必要ありませんが民間資格がいくつか用意されています。日本国内で代表的な資格はJBAバリスタライセンスとコーヒーマイスターの二つです。どちらの資格も持っていることでバリスタとしての品質が担保され、お客様から信頼を得られる重要な情報になります。取得に伴い、勉強することも無駄ではありませんので持っているに越したことはありません。

専門学校で学べること

専門学校ではコーヒー豆自体やその産地に関する知識はもちろん詳しく学べます。その土地の気候だけでなく文化や歴史的背景などから培われたことを理解することでよりコーヒーを柔軟に扱うことができます。重ねて開業するときには必須となる接客のマナーや開業の方法まで学べるコースもあります。いずれにせよ自分一人で調べるのは大変な内容ばかりなので体系立てて学べることは大きなメリットです。

バリスタの専門学校へ通っている学生の口コミ

独学の限界をフォローしてもらえた

必要な知識が多岐に渡るため、自分一人で勉強したつもりでも抜け漏れがなくせませんでした。専門学校では順を追って重要なことが学べ、独学よりも早く知識を身に着けることができました。経営に関することなどは初めて習うことが多く刺激的でした。

資格取得を最後までフォローしてもらえた

短期間で資格が取れました。長年の経験をもとにした専門学校のカリキュラムのおかげだと思っています。同じクラスの仲間と励まし合いながらともに学習もできたので最後までやる気をもって受講することができました。