ロゴ

professional school NAVI

バリスタになるための第一歩~専門学校へ通うための基礎知識~

注目されている人気の職業

各地でカフェが流行り、そこでコーヒーを淹れるバリスタにも注目が集まっています。お店の目玉になるコーヒーをおいしく淹れられるバリスタは人気カフェには欠かせない存在です。またバリスタになる過程で得られる知識は自分でカフェを開くならほとんど必須と言っていいものばかりです。

学校へ通って勉強する場合と独学で勉強する場合の違い

漏れなく知識が得られる

バリスタになるには必ずしも専門学校に通う必要はありません。しかし満遍なく知識を得られる点では専門学校に通うメリットは大きいです。独学ではどうしても漏れるポイントが出てしまうのがつらいところです。専門学校なら体系立ててコーヒー豆や挽き方、原産地の情報などを学ぶことができるので習得も早くなります。

開業への近道になる!

実際にカフェを開業する際にはコーヒーによく合う食事やお菓子の知識があるほうが有利です。バリスタコースの一部にはそういった自分で開業するときに必要なことをまとめて教えてくれるカリキュラムがあります。独学で調べるのはなかなか難しい事ばかりなので専門学校に通うだけの価値があります。

バリスタを目指すのなら専門学校で学ぶことが大切

エスプレッソ

専門学校に通うことで得られるメリット

バリスタの資格を取るのは多くは製菓専門学校になります。同じ目的を持った仲間と一緒に学習することで、自分にはなかった発想を得ることができます。同じ香り、同じ味から連想するものが違うだけでも十分面白いです。より効率的な淹れ方やちょっとしたポイントなど、自分では気が付かない部分を仲間が気付かせてくれます。知識を得るだけなら一人でも可能ですが、仲間から刺激を受けられることは専門学校に通う大きなメリットです。

専門学校へ通う際にかかる費用と相場について

費用は受講する頻度や内容にもよりますが専門学校になると大学で1年過ごすのに必要な費用とほとんど変わりません。苦しいならば週に1回のコースなどで調整することになりますが当然学べることは減ります。金額重視で探してしまい、他のポイントが考慮されないのはあまりにももったいないです。開業資金の一部くらいに考えて可能な限り投資を怠らないようにしましょう。

忙しい人でも通える夜間制度

昼間にほかの仕事をしている方や通えない事情がある方には夜間制度を使うのがおすすめです。昼間にやっている授業と同じカリキュラムを夜間にも用意してくれます。夜間コースが用意されている学校がある程度限られてしまうのでできるだけ情報を集めましょう。実際に通える時間帯かをしっかり見極めるためにも情報収集は重要です。

[PR]競馬学校に通いたい
受験対策内容をチェック

専門学校へ入学する時に困らないためのQ&A

専門知識や経験が必要な試験がありますか。

試験は小論文や面接で行うので専門知識や経験は必要ありません。これから学ぶにあたる姿勢を見ている場合が多いです。目指すところやビジョンをしっかりと語ることができれば未経験の方でも十分入学することができます。